不眠症になる原因は意外と多く、社会人は特に不眠症になりやすいです。自分が不眠症なのか確認してみましょう。

  • ホーム
  • 昼間コーヒーを飲みすぎると夜眠くならないのは何故

昼間コーヒーを飲みすぎると夜眠くならないのは何故

コーヒーを昼間に飲みすぎると夜に眠くならないことがあります。
これはコーヒーに含まれているカフェインのせいで、カフェインが交感神経を刺激し、眠れなくなるのです。
交感神経が刺激されると、血液中のアドレナリンが増加し、血糖値・脈拍・血圧が上昇し、結果として眠くならないことにつながります。
一般的にコーヒーを飲んでからその効果が出るまでの時間は15~30分であると言われていて、この効果を期待し朝のコーヒーを飲まなければ眠気を覚ますことができないという方は多くいます。
コーヒーを飲んでからでないと仕事も勉強もできないという方さえいますので、コーヒーに含まれているカフェインの覚醒作用はかなりの効用があるのが分ります。

カフェインとはアルカロイドという化合物の仲間で、天然の食品成分のひとつです。
コーヒーや茶葉から抽出されたカフェインは、苦味などを加える食品添加物として、コーラなどの清涼飲料水などに使用されることもあります。
また他には覚醒作用や解熱鎮痛作用もあり、眠気・倦怠感・頭痛などに効果が期待できますので、医薬品の成分のひとつとしても使用されることがあります。

コーヒーを飲みすぎると睡眠を妨げることにつながることは事実です。
意図してコーヒーで眠気を覚ますときはいいのですが、しっかり睡眠を取って、翌日の活力につなげたいと思っているときに眠くならないときはきついものがあります。
それからカフェインを取り過ぎると交感神経の刺激はもとより、腎臓の血管が拡張するのです。
腎臓は血液をろ過して、体内の不要な老廃物を尿として排出させる機能を持った臓器です。
この腎臓の血管が拡張することによって、尿を体外に排出する働きが強まり、昼間などにコーヒーを飲みすぎると尿意を感じやすくなり夜目覚め、結果眠れなくなるということにつながりやすいのです。

またカフェインは脳で働く睡眠物質であるアデノシンという物質が神経細胞に作用することで眠気を減らし、その覚醒作用で気分を高揚させます。
このようなことからコーヒーを多く飲む方は睡眠中のちょっとした雑音などでも目が醒めやすくなり睡眠の質が下がってしまうのです。

意外!実はこんなものにもカフェインが入っています

カフェインはコーヒーや紅茶などに多く含まれていることはよく知られたことですが、カフェインには覚醒作用があります。
通常、カフェインを摂ってから30分後くらいから効き始め、その持続時間は通常4~5時間といわれています。
そのため夕方以降などに飲むと寝つきが悪くなり、眠っても深い眠りにならなくなることが多いようです。
そのほかカフェインにはお酒と同様に利尿作用もありますから、夜中に目覚めてトイレに行く回数が増えがちです。
そしてその結果目がさえて眠くならないこともよくあります。

またカフェインはコーヒー・紅茶などの他に、玉露などの緑茶・ウーロン茶・ココア・コーラ・チョコレートにも含まれています。
また栄養ドリンクと呼ばれるもののなかにもカフェインの覚醒作用を利用して、一時的に元気をつけるものがあります。
それから意外なものでは、風邪薬や鎮痛剤の中にもカフェインを含むものがあります。
風邪気味だからといって栄養をつけるということで、この種の栄養ドリンクと風邪薬を一緒に飲んだりすると、カフェインの覚醒作用でかえって眠りの質が悪くなってしまうこともありますから注意しましょう。
このようなときは栄養ドリンクを購入時、成分表示をよく確認して、カフェインが配合されていないようなものを選ぶようにすることが必要と考えます。

普段よく飲まれている、ほうじ茶・麦茶・抹茶などはどうかというと麦茶だけがノンカフェインで、ほうじ茶と抹茶にはカフェインが含まれています。
しかしながら含有量はほうじ茶よりは抹茶の方が高いのですが、どちらも100mlに約60mgのカフェイン含有量であり、コーヒーよりは少ないので、コーヒーよりは多めに摂取してもカフェインの作用は少ないと認識されています。

関連記事