マーベロン21とマーベロン28を比較

マーベロンの教科書
この記事は約3分で読めます。

マーベロン28は実薬と偽薬のセット

マーベロン28のイラスト
低用量ピルは避妊や月経困難症などの改善など様々な場面で活用されています。避妊効果を得るためには正しい飲み方を守ることが大事です。

マーベロンは人気の低用量ピルで、呼び名に「マーベロン21」と「マーベロン28」があります。

いずれの薬も同じものとなっていますが。マーベロン28には、マーベロン21にはついていない偽薬が7錠ついています。

白い薬が実薬で21錠、緑色の偽薬が7錠です。飲み間違うという心配もありません。マーベロン28は、月経の初日から白い薬を毎日一定の時刻に飲みそれを21日間続けます。

21日間の白い薬の服用が終わったら、その後は緑色の7錠を飲むことになります。白い薬は飲み忘れると避妊効果が薄まり、飲み忘れの際の対処が必要となりますが、緑色の薬の場合は飲み忘れを防ぐための偽薬なので、特に飲み忘れても問題はありません。

緑の錠剤を飲んでいる期間は、実際には休薬期間となっていますし有効成分は含有していない薬です。偽薬が飲み終わったら、また新しいシートを用意し白い実薬を21日間飲み続けていきます。

マーベロン21は実薬だけ

マーベロン21のイラスト
マーベロン21はその名前の通り、21錠の薬となっています。

マーベロン28は、偽薬が7錠含まれていますが、マーベロン21には偽薬は含まれていません。

マーベロン21の場合も28のときと同じように一日1錠を一定の時刻に21日間飲み続けていきます。

有効成分を含有している21日分は同じ薬なので、同じ効果はあります。28の場合であれば、その後は緑色の偽薬を7日間飲むことになりますが、21の場合は偽薬がありません。休薬期間中は、薬は服用しないで過ごすことになります。

月経の第1日目から21日連続して飲むことになります。

飲み始めが月経の第1日目から遅れた場合は、飲み始めの最初の1週間は他の避妊方法も併用しましょう。休薬期間が終わったら、また次のシートを用意し、21日間の服用を続けていきます。

マーベロン28のように偽薬がある場合は、休薬中の管理も比較的簡単に行うことができます。しかし、マーベロン21には偽薬がついていない分、休薬期間の管理がしづらくなります。メモやカレンダーに記入しておくなど休薬の管理もきちんと行うことが大事です。

スケジュールを管理するアプリやアラームなども飲み忘れを防ぐのに役立ちます。上手に活用していきましょう。

マーベロン28とマーベロン21の選び方

マーベロンの服用を考えている人は、21と28のどちらを選ぶかでも悩むところです。

まず、いずれの薬も有効成分はデソゲストレルとエチニルエストラジオールとなっており、1錠あたりの含有量も同じです。それゆえ、どちらが効果が高いとされています。同じ効効能が得られる薬となっているのです。

大きな違いは、28には偽薬が7錠含まれており、21のほうには含まれていないということです。この場合も7錠はの見間違いを防ぐために色も緑色と違うもので作られています。

21日間の服用が終わった7日間の休薬期間中に飲みます。偽薬には有効成分は含まれていません。あくまで飲み忘れを防ぐためのものです。もしも飲み忘れてしまった場合も特に避妊効果が低下することはありません。

マーベロン21のほうには偽薬がついていないので、21日間の服用が終わったら7日間は休薬することになります。

飲み方はいずれの薬も月経の初日から21日間続けていくということでは共通しています。副作用も同じとなっており、吐き気や嘔吐、不正出血などが起こる可能性があります。

効果も変わりません。どちらを選ぶこともできますが、飲み忘れを防ぐことが大切ですので本人が服薬の管理をしやすいタイプを選んでいきましょう。

タイトルとURLをコピーしました