マーベロンの効果・避妊は99.7%で成功する

マーベロンの教科書
この記事は約4分で読めます。

マーベロンは排卵を抑制する

マーベロンは一相性ピルです。卵胞ホルモンや黄体ホルモンが同量配合されています。

そのため服用順は決まっておらず、飲み間違えの心配がありません。初めて低用量ピルを利用する人におすすめのピルで、幅広い世代の人が利用しています。

体内のホルモンバランスの濃度をコントロールすることで、排卵を抑制し、子宮内膜の環境を変えるのです。

マーベロンを摂取することによって、脳を勘違いさせることができます。結果的に、精子が子宮に侵入することを阻害することから、受精を予防します。

マーベロンには偽薬が含まれていない21錠と、偽薬がある28錠があります。偽薬は医薬品成分が入っていません。

基本的に低用量ピルを服用する場合、21錠を服用する期間と薬を服用しない期間を繰り返す仕組みになります。休薬期間において偽薬を服用することによって、飲み忘れを予防することが可能です。

休薬期間を挟むと服用を再開することを忘れるようなら、偽薬を使うことで飲み忘れを避けられます。

マーベロンといった低用量ピルには避妊の為に服用し、月経困難症や生理痛などを軽減できるのです。脂質代謝が改善されるので、ニキビ対策などにも効果があります。

マーベロンには精子の侵入や受精卵の着床を邪魔す

マーベロンを服用すると、体内のエストロゲン(卵胞ホルモン)やプロゲステロン(黄体ホルモン)の血中濃度を一定に維持できます。

結果的にゴナドトロピンという性腺刺激ホルモンの分泌が抑制されるので、排卵が止まるのです。

黄体ホルモンや卵胞ホルモンなどの物質の合剤になっていて、排卵は抑制されます。また、子宮内膜変化に伴って、着床阻害や精子通過阻害効果から妊娠を予防できるのです。

マーベロンは、通常避妊の目的で利用されます。子宮内膜の状態も変化させ受精卵の着床を阻害することが可能です。子宮頸管粘液を変化させるので、精子を子宮に侵入しづらくさせるので、ほとんど100%避妊効果を得ることができるでしょう。

マーベロンを飲み続けることによってホルモンバランスが改善され、ニキビといった肌荒れや生理痛なども緩和されます。マーベロンは、効率良く精子の侵入を阻止したり、受精卵の着床を邪魔することが可能です。

マーベロンの避妊成功率は99.7%

マーベロンを正しく服用すると、避妊の成功率は、99.7%です。失敗率はわずか0.3%なのです。

しかし、これは飲み忘れることなく、毎日同じ時間帯に服用した場合の数値です。飲み忘れなどで妊娠してしまった場合も含めると、マーベロンの避妊成功率は91%まで下がります。

このことから、如何にマーベロンを正しく服用できるか、飲み忘れしないかが大切であるかといえます。

マーベロンは、生理初日から服用した場合、7日後から避妊効果が得られます。もし、それ以外の日から服用を開始した場合は、念の為14日間服用するまでは、コンドームなどを使用したほうが良いでしょう。

一方、一般的に普及している避妊法コンドームでは、理想的に使用していても、避妊の成功率です。ただし、コンドームの場合は、ずれてしまったり、破けてしまったりすることも多いので、完全な避妊は困難といえます。
一般的にコンドームの避妊成功率は82%で、およそ5回に1回は避妊に失敗する計算です。

このことからわかるように、マーベロンによる避妊は、コンドームよりも遥かに高い確率で避妊できます。

しかし、マーベロンをはじめ、ピルの服用では、避妊を防げても性病は防げません。性病対策を考える場合は、コンドームを着用したほうが安全と言えるでしょう。

マーベロンの避妊効果は初日から!

マーベロンの避妊効果は、生理初日から飲んだパターンでは、その日から避妊効果を得ることができます。これはDAY1スタートと言われているものです。なるべく早めに避妊効果を得たい場合は、生理初日の24時間以内に服用すれば、当日から避妊の効果があります。

初日以外から服用する場合には、服用8日目から効果を得られます。月経の初日でなくても、いつでも服用を開始することができます。しかし、避妊効果が出るのは服用8日目以降です。また、DAY1スタートでない場合には、月経期間中でもすぐに得られるわけではないので、注意しましょう。

服用初日から避妊効果が欲しい場合には、月経の始まった日に飲むようにします。マーベロンを服用することによって、正常な排卵は行われなくなります。妊娠を防ぐことやホルモン変動によるニキビや肌荒れを防げるのです。

避妊をすることを目的として服用する場合、生理の初日に服用する方法とそれ以外があるということを覚えておきましょう。それぞれ効果が出る時期が異なるということを覚えておくと便利です。

生理なのか不正出血なのか区別がつかない時には、次を待ってから飲むのをスタートするのが確実に避妊をするポイントです。

タイトルとURLをコピーしました