マーベロンで血栓症ができる?事前にケアする方法

マーベロンの教科書
この記事は約3分で読めます。

マーベロンを飲んでいると血栓症になる可能性がある

マーベロンには、血液が固まりやすくなる作用があります。飲み続けることで、血栓症になる可能性もあるということは知っておきましょう。

マーベロンは安全性に優れた薬として知られています。それでも体質や間違った使用方法によりトラブルが発生する可能性はないというわけではありません。服用前には薬の効果効能は、副作用についても、しっかりと把握しておく必要です。

血栓症とは、血管内で血液の中に塊ができ、血液の流れが止まってしまうという症状です。代表的な病気としては脳梗塞や心筋梗塞、肺塞栓などがあげられます。

エコノミー症候群は、長時間飛行機に乗っていたことで急に呼吸困難に陥いるなどの症状が現れるものです。これも血栓症の一種です。

長時間脚を動かさずに座ったままでいると、脚の静脈に血栓ができてしまうことがあります。その血栓がなんらかのはずみで肺に入り込むと、肺の血管を塞ぎ、肺塞栓を引き起こすこともあります。命にもかかわる重大な症状であることは理解しておきましょう。

マーベロンで血栓症ができやすいひととは?

体質には個人差もあり、マーベロンを飲んでいるからといって誰もが血栓症になるとは限りません。安全に飲むためには予防策も知っておきましょう。

血栓症の症状が出る時期も個人差があります。投与して間もなく発症する人もあれば、何か月も経ってから発症する場合もあるのです。さらに体質によっても血栓症になりやすい人はありますので、どのような人がなりやすいのかも知っておきましょう。

まず、水分不足になると、血液がドロドロになりやすい傾向にあります。水分不足にならないよう水分補給は、意識してしっかりと行うことが大切です。それから、肥満の人や高血圧の人も血栓症のリスクは高いとされています。体重の管理や血圧の管理もきちんと行うよう心掛けましょう。

それから喫煙習慣のある人も血液の流れが悪くなりがちですので、禁煙をするなどの対策は考えておく必要があります。さらに40歳以上などの高年齢の人も血栓のリスクが高くなると言われています。

体調に不安のある人は、マーベロンの処方をしてもらう際に医師にしっかりと相談しておくことがおすすめです。安全に薬を続けていくためにも血液検査や血圧検査なども定期的に行いましょう。

血栓症になる前、前兆症状でケア

病気は突然発症する場合もありますが、多くの場合は何等かの前兆があります。それゆえ、重篤な症状にならないためにも前兆症状は見逃さないようにしましょう。

マーベロンの重大な副作用は血栓症ですが、時には命に関わることもあります。前兆を感じたら早めに対処することが大切です。

血栓症の前兆としては、まずは足の変化が多くふくらはぎの痛み・腫れがあげられます。この他では手足のしびれや激しい頭痛、鋭い胸痛などが起こることもあります。

さらに目のかすみや舌のもつれ、しゃべりにくい・めまいなどの症状が出ることもあります。日頃から体調の管理はしっかりと行っていきましょう。

悪化を防ぐためにも前兆症状を感じた場合は早めに受診することが大切です。どの科を選べば良いかわからないという人も少なくありません。

血栓症には循環器内科が対応してくれますので、異変を感じたら放置せずに早めの対処を行いましょう。

体の部位別に症状も違うと言われています。めまいや激しい頭痛の場合は頭部に異変が起きている可能性も高いので脳外科などに相談しましょう。

症状はひとつではなく、いくつかの症状が同じ時期に現れることも多いと言われています。

タイトルとURLをコピーしました